8月 11th, 2017

大河ドラマの秀吉(1996年)の動画を見返していたら休日が終わっていた。
15年前のドラマだけど、色あせないね。
1話毎に名言や名シーンがあるし。
まあ45分*49話もあるから全然見終わらないんだけど。
ちなみに1話目だけ90分もある。

  • 印鑑作成(実印・三文判) 釜石市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 鎌ケ谷市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 鎌倉市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 鴨川市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 茅ヶ崎市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 茅野市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 刈谷市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 寒河江市 はんこ屋

    あと、49話中45話分しか手元にないのがつらいところ。
    なんとか全話揃えたいが、DVD化もされてないからなかなか難しい。

    しかしながら、大河ドラマ秀吉は改めて見返すとやっぱり面白いよ。
    信長と家臣の関係とかさ。
    織田家は完璧にブラック企業だな。家臣は大変だよ。

    秀吉は命をかけて仕事して、そのたびに成功したら禄高の加増があるけど、
    出世すればするほど忙しくなって、課題もレベルアップする。
    竹中半兵衛を寝返らせろとか、敵国の領地の中に城を作れとか、
    税金のない街(堺)から金を引っ張ってこいとか、
    時代のモラルに反した行動をしろとか(比叡山焼き討ち)。

    現代なら仕事で失敗しても職を失うだけだが、
    戦国時代で大きな仕事を失敗したらもれなく死ぬ。
    殺されなくても自害を命じられる。
    要求水準が高いわ。全国レベルの配置転換もあるしね。

  • This entry was posted on 金曜日, 8月 11th, 2017 at 3:46 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>