6月 2nd, 2014

レベルがあがつた
32HPがあがつた
操縦桿はガンダムのコクピット 頭の中はうじ虫だらけ
美月ちゃんの事を考えると鼻水が デジャヴ 繰り返す ゾンビが でかっ鼻 強く 抱きしめて 2人で何処か ドライブに…
千年振りに 大地を踏みしめた
僕は眠りの中
雉 猿 犬 連れて 鬼退治へ
小便がしたい さみしすぎて 戦士が 傷を癒やす 君の瞳は 100万ボルト
ゼンバラ 死んだ魚の眼のように 目から鱗 この世には じいちゃん ばあちゃん 複雑 怪奇 シンデレラ ラブストーリー 死神 ついてら 歩く 朗らかな 月曜日 仕事が 手につかない 美月ちゃん へ 贈る ラブレターが 底を尽きない 丈夫な身体 元気な子供を産めるように 手助けしたい 僕の 仕事は 絶対に幸せにしてあげる事 神様に違うよ 教会で 愛を誓ったなら 左手に プロミスリング 18歳になったら 車に乗ってもいいよ プロセスは手短に ザブングル加藤 悔しいです 悔しいけど 負け犬の遠ぼえ 美月ちゃんを幸せにする事だけが 僕のすべて 君がくれた 優しさ 涙の宝石箱 冷たい シャワーが浴びたい シーツ取り替えてさ 夏日には 水かけあっこ 修学旅行 枕 投げあい 恋のロマンス 誰だって 経験するのさ
I wish you
僕の望みは君の望みを叶える事 ランプの精ジーニー 自由になりたい…
ギザギザハートの子守歌
藤井フミヤみたいに キザになりたいのさ
ベッドの上で眠りたい ただそれだけが 僕の望み
大丈夫 僕達の事なんて 誰も心配してないさ

冷たいジュースを飲んで

ただ君の笑顔が見たい… 安息日 7日目に
神様は 休息された
一週間を繰り返す
どこで何を間違ったか…
神は創造を膨らませ
自らの
世界の何処かで 誰かが助けを求めている
僕はただ祈る事しかできないのだ
自分自身… 僕が神様だったら
美月ちゃんを 幸せにしてあげたい
神が創造した 自分自身を
自分自身の 姿形に似せ、誰もが 僕と 同じ行動 寒気がする うじ虫 無限に 増殖して かゆい かゆい 何処までも 沸いて出る… ブラックジョーク
冗談も通じないようでは話にならぬ 言葉は 惑わす 僕の幻影を

  • 転売商材
  • This entry was posted on 月曜日, 6月 2nd, 2014 at 8:21 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>