7月 7th, 2014

たとえ彼らが聞き入れようと拒もうと、あなたはわたしの言葉を語らなければならない。
彼らは反逆の家なのだ。

神さまのみ言葉を拒み嫌われても危険な目に会おうとも、み言葉を曲げずに語らねばならない。
ほんとうに厳しいご命令です。
できることならお断りしたいほどでしょうが神さまが相手では拒否できません。
戦時下で戦争反対と言うと非国民として捕らえられ命の危険を承知で語り続けた方々が
おられました。
自分にはできない、その弱さが切ない、情けない。

孫のところのお誕生会は日本での子供のお誕生会と同じような形も多いそうですが
お宅によっては工夫を凝らして遊園地集合とか、トランポリンのある体育館?貸切とかも。

昨日は放課後に孫たちや多くの子供たちが招待されて、お母さんを団長にサーカスの出し物を
子供達が決めて、三人が虎に変装して、一人が猛獣使いになったり、ピエロになる子がいたり。

16時から、迎えに来た親たちを観客にして即席のサーカス団のお披露目があったそうです。
団長始め子供達が役になりきって演じ、孫たちのトランプ手品も暖かな拍手をもらえたとか。

見物人のお母さんたちも楽しめた誕生会だったそうで、みんなが喜んで帰宅についたと。
孫たちは帰宅してからもウキウキでパパにも報告していたようです。

江真が闘病で髪の毛もなくなったことも知ってるお母さんたちが、髪も伸びお揃いのリボンを
つけて楽しんでる姿に共に喜んでもらえてることがうれしいと娘は言っています。

神さまが生活の中にご臨在されて病気も神さまからと受け止めオープンにしていられること、
「神のわざがこの人に現われるためです。」が浮かびました。神さま、ありがとう!

  • リプロスキンの成分
  • This entry was posted on 月曜日, 7月 7th, 2014 at 9:17 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>