9月 12th, 2017

テレビで子供食堂なるものの存在を知った。

飽食の日本にあって
格差の隔たりや 親御さんのメンタルや 家計の具合で
子供の食にしわ寄せが来ていると
折につけ聞いていたので 気になっていた。

新潟の給食で牛乳を削るなどと聞くと
隠れ貧困家庭は本当に無いの? と勝手に案じていた。

この話の発端は無農薬の野菜を扱うお店で
常連さんの小学校の先生の話から起因する。

何でもバナナ1本でお家でのご飯が終わってしまう子供が居る。
そんな話を聞いた女性が立ち上げた食堂。
地域の皆さんの力で、300円で子供だけでも食事ができる。

悩めるお母さんも息抜きに食べに来る。
大人は500円とかw

その話を聞いて自分もやろう!と
他所でも子供食堂が始まっていると聞く。

昔はみんな貧乏だったし
家で独りでお腹が空く寂しさや悲しさを何と無く察して
一緒に食べてくかい?ってお友達のお家の大人が誘ってくれた。

今は色んな考え方があるせいで
いいお節介も トラブルの火種になり兼ねない。

子供食堂は 毎日では無いらしいが、
子供が親以外に気持ちを許せる所があるのはいいことだ。

今の私にはとても真似はでき無いけれど
この話を聞いて 少しでも多くの人に
この素敵な小さなムーブメントを知って欲しかった。

  • 有限会社アジット【大阪府大阪市北区中崎1丁目7-1】
  • バイク買取B1【大阪府大阪市淀川区西中島4丁目3-5-802】
  • 株式会社ケーズバイク【大阪府大阪市淀川区西三国1丁目8-12】
  • 有限会社アラキモータース【大阪府大阪市淀川区新高1丁目2-10】
  • 有限会社スーパーバイク加島2号店【大阪府大阪市淀川区加島3丁目3-16】
  • 株式会社ケーズバイク【大阪府大阪市淀川区西宮原3丁目3-85】
  • バイク買取ガイナ【大阪府大阪市浪速区下寺3丁目3-4】
  • バイク買取専門店ガイナ【大阪府大阪市浪速区下寺3丁目3-4】
  • This entry was posted on 火曜日, 9月 12th, 2017 at 2:58 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

    Leave a Reply

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>